Windows 10と11で勝手にHP LaserJetになる問題、ついに解決へ ―Microsoftがツールを配布

Windows

Windows 10と11で勝手にHP LaserJetになる問題、ついに解決へ ―Microsoftがツールを配布

Windows 10と11ユーザに突如襲い掛かった、HP Smartが勝手にインストールされる問題や、すべてのプリンターがHP LaserJetに変更される問題が、ついに終止符が打たれようとしています。
米Microsoftは、この問題が発生したWindows 10およびWindows 11ユーザを対象とした新しいツール「Printer Metadata Troubleshooter Tool (KB5034510)」をリリースしました。

このツールは、2023年の12月に提供開始され、プリンタの名前が勝手に変更される、HP Smartアプリが強制的にインストールされるといった問題に対処します。

全てのプリンターがHP LaserJetになる問題の原因と詳細

この問題は、一部のユーザーがPCに接続されたプリンターのモデルや製造元などのメタ情報が「HP LaserJet M101-M106」に変更され、HP Smartアプリが勝手にインストールされることを報告したことで明らかになりました。当初、この問題の原因は不明でしたが、Microsoftは後に、問題の根本原因がHPの製品ではないことを認めました。

プリンターのアイコンがモデルやメーカを問わずHP LaserJet のものになっている

Microsoft の公式コミュニティでは暫定的なユーザが暫定的な解決策を紹介していましたが、Microsoft 公式の解決策やこの問題に対処するツールは、これまで提供されていませんでした。

全てのプリンターがHP LaserJetになる影響と、この問題が発生する可能性がある環境

Windowsで表示されるプリンターのメタ情報がHPやHP LaserJetにかけ替えられた場合でも印刷やスキャンなどの多くの機能は利用できるものの、「デバイスとプリンター」でプリンターをダブルクリックすると「このページにタスクはありません。」と表示されてしまう他、プリンターの製造元から提供されたユーティリティソフトなどが利用できなくなる可能性があります。

「このページにタスクはありません。」と表示される

影響を受ける可能性のある環境

Microsoftがまとめたこの問題が発生する可能性のあるプラットフォームは以下の通りです。

  • クライアント
    • Windows 11 version 23H2
    • Windows 11 version 22H2
    • Windows 11 version 21H2
    • Windows 10 version 22H2
    • Windows 10 version 21H2
    • Windows 10 version 1809
    • Windows 10 Enterprise LTSC 2019
    • Windows 10 Enterprise LTSC 2016
    • Windows 10, version 1607
    • Windows 10 Enterprise 2015 LTSB
  • サーバー
    • Windows Server 2022
    • Windows Server version 1809
    • Windows Server 2019
    • Windows Server 2016
    • Windows Server 2012 R2
    • Windows Server 2012

「HP LaserJet M101-M106」になってしまう問題はクライアントOS、サーバOSの両方で発生することが確認されています。

トラブルシューティング ツールの機能

この問題に対処するトラブルシューティング ツールは、以下の機能を持っています。

  • 以前のモデル情報とアイコンの復元: ユーザが以前ダウンロードしたモデル情報やアイコンを復元します。
  • 特定のHPモデル情報の削除: HP LaserJet M101-M106モデルの情報、アイコン、アプリケーションの関連付けを削除します。
  • HP Smartアプリのアンインストール: この問題が発生したと思われるメタデータがPCにあり、HPプリンタを所有していないユーザーの場合で2023 年 11 月 25 日以降にHP Smartアプリがインストールされた場合、HP Smartアプリをアンインストールします。

このツールは、プリンターの各種メタデータの修正(製造元やモデルなど)やHP Smartアプリのインストールを解決するだけでなく、システムのプリンター設定や関連アプリケーションの整合性の維持と制御にも役立ちます。

トラブルシューティング ツールの使用方法

トラブルシューティング ツールの使用方法は以下の通りです。

※詳しくは後日、使い方をあのかぼで紹介します。

  1. エンタープライズ管理者向け: ローカルシステムアカウントとしてツールを実行し、システム上の全ユーザーとセッションのプリンタを修正します。
  2. 個人ユーザー向け: 管理者権限でツールを実行します。コマンドプロンプトからツールのディレクトリに移動し、ツールを実行します。

なお、Microsoftはツールの実行後、プリンターのアイコンとメタデータの変更が反映されるまでに数時間の遅延が発生する場合があることを発表しています。

メタデータを修復するトラブルシューティング ツール(KB5034510)は Microsoft の Web サイトからダウンロードできます。

2024.01.11 トラブルシューティングツールの使い方を紹介するページへのリンクを追加しました。