Windows 10やWindows 11でプリンタが「HP LaserJet M101-M106」に変更され印刷できなくなるトラブルが発生か。

Windows

Windows 10やWindows 11でプリンタが「HP LaserJet M101-M106」に変更され印刷できなくなるトラブルが発生か。

現在、Windows 11やWindows 10で「HP Smart」が勝手にインストールされるトラブルが発生していますが、被害はこれだけにとどまらないようです。
利用しているプリンタのメーカーやモデルに関わらず、表示される情報が「HP」や「HP LaserJet M101-M106」に置き換わってしまい、最悪の場合印刷が出来なくなってしまう問題がMicrosoftのコミュニティで指摘されています。

【12月13日 更新】暫定的な解決策をまとめた記事を公開しました。
【2024年1月11日更新】Microsoft公式ツールを使用して解決する方法をまとめました。

「HP Smart」が勝手にインストールされる問題だけでなく…

この問題はHP製のPCやHP製のプリンターを使用していないユーザに「HP Smart」が勝手にインストールされるだけでなく、プリンターの「製造元」や「モデル」名がそれぞれ「HP」や「HP LaserJet M101-M106」に変更され、表示されるプリンタのアイコンも別のもに置き換わる不具合も発生しているとのこと。

すべてのプリンターがHP LaserJetと認識され、アイコンも変わっている

これはMicrosoftのコミュニティで複数のユーザが指摘しているもので、この問題を提起したユーザはCanon(キヤノン)製のプリンタを使用してるにも関わらず、すべてのプリンターのモデルが HP LaserJet M101-M106に変更されたと報告しています。

同コミュニティ内の独立アドバイザーはこの問題が発生したユーザに対し、最新の Windows 更新プログラムをアンインストールしてこの問題が解決するか確認すように求めましたが、問題の解決には至りませんでした。
この後、複数のユーザから報告され、複数のプリンタサーバを所有しているユーザのトラブルシュートではWindows Updateから自動で取得されるドライバに問題があると示唆されました。

製造元とモデル名がHPに変更されるトラブルが引き起こすもの

この不具合が発生した後も多くのPCでは印刷とスプールは正常に機能しプリンターを使用することができますが、一部のPCではスプーラーサービスにも影響し、イベントビューアで確認すると、ドライバーの問題により実行できなかったと表示されたと報告しています。

昨日のWindows 10やWindows 11にHP Smartが勝手にインストールされる問題についても、プリンターのメタ情報がHP製のデバイスに置き換わることで発生している可能性があります。

この問題が現在利用しているPCで発生しているか確認したい場合は「デバイスとプリンター」などから確認が可能です。

製造元とモデル名がHPに変更される問題の原因と解決策

この問題はWindows Updateから取得されるドライバが起因していることが示唆されていますが、Windows Updateを実行していないPCでもこの問題が発現する可能性があるとのこと。
これは、リモートデスクトップを使用して、「HP」という表記になってしまったPCから、まだこの問題が発生していないPCへ接続すると、問題が発生していなかったPCにも影響が出たそうです。

Microsoftのコミュニティ内の別のトピックによると、HPは2023年11月28日に、ハードウェア ID を示すメタデータWindows Update に提出したそうで、これが起因して、プリンター ドライバーのメタデータに影響してのではないかとしています。

この問題を完全に修正する方法は確立されておらず、あるユーザはすべてのプリンター、すべてのポート、すべてのドライバーを削除し、プリンターを再インストールしてもこの問題が再発したとのこと。

別のユーザはOSを問題が発生する前まで書き戻したところこの問題は発生していないとしているため、システムを問題が発生する前までロールバックし、「Windows Updateからドライバを自動的に取得」しない状態で、利用しているプリンタ向けの正しいドライバをインストールすることで解決できるかもしれません。

まとめ

ここまで、Windows 10やWindows 11でプリンタが「HP LaserJet M101-M106」に変更されてしまう問題について紹介してきました。
多くの場合では、製造元やモデル名が HP LaserJet M101-M106 に置き換わり、「HP Smart」が勝手にインストールされる以外のトラブルはないかもしれませんが、一部の環境では印刷ができなくなるなどの問題も報告されています。

この問題はHPが11月28日にWindows Updateに提出したメタデータの更新によるトラブルであることが示唆されており、この問題は時間が経つにつれ拡大する可能性があります。

プリンターを使用するユーザは注意が必要そうです。

コメント欄より情報をお寄せいただきました特命 様、誠にありがとうございます。

【12月13日 更新】暫定的な解決策をまとめた記事を公開しました。
【2024年1月11日更新】Microsoft公式ツールを使用して解決する方法をまとめました。

2024.01.11 Microsoft公式ツールを使用した解決方法に関するリンクを追加しました。
2023.12.13 解決策へのリンクを追加しました。