Windows 11やWindows 10でWi-Fiが繋がらなくなるトラブルが発生か。原因はパッチチューズデーで配信された「KB5033375」?

Windows

Windows 11やWindows 10でWi-Fiが繋がらなくなるトラブルが発生か。原因はパッチチューズデーで配信された「KB5033375」?

2023年12月のパッチチューズデーで配信された「KB5033375」では、長年Windows 11ユーザを悩ませてきたエクスプローラーの問題の解決などが含まれていましたが、新しいトラブルを誘発する可能性が取り沙汰されています。それはKB5033375がWindows 11やWindows 10でWi-Fiの接続に関する問題を引き起こすというもので、一部の環境では注意が必要かもしれません。

パッチチューズデーで配信された更新プログラムにトラブル?

2023年12月、Microsoftがセキュリティを強化する目的でリリースした最新のパッチ「KB5033375」が、意図しない問題を引き起こしています。特に大学や企業などの環境で、Wi-Fiアクセスポイントへの接続に重大な障害をもたらしています。

この問題は、一部のユーザがWi-Fiにまったく接続できない、またはインターネットアクセスの著しい性能低下を経験しているという形で表れています。現時点でMicrosoftからの正式なコメントはありませんが、この問題は大袈裟に取り上げられているわけではないようです。

大学から提案された解決策

複数の大学がこの問題を認識し、すでに対応策を公開しています。例えば、アメリカのコネティカット州にあるニューヘイブン大学は、このWindowsアップデートがワイヤレスネットワークの不具合の原因であると公表し、KB5033375のアンインストール方法を提供しています。

ブルネル大学ロンドンも同様のアドバイスを公式ウェブサイトで提供しており、ベルギーのある大学では、802.11r(一つのアクセスポイントから別のアクセスポイントへのシームレスな移行を可能にする標準)を無効にすることで問題が解決されたと報告されています。

Microsoft コミュニティフォーラムでの議論

さらに詳細な情報や潜在的な解決策については、Microsoftの公式コミュニティフォーラムで議論されています。ここでは、この問題が発生しているユーザの報告やその対処法について共有されています。

まとめ

2023年12月のWindows Updateとして配信されたKB5033375では、Windows 11で発生していたエクスプローラーのトラブルを解決したり「待望」の更新であったはずでしたが、思わぬトラブルを含んでしまいました。

Microsoftはこのトラブルについて声明は発表していませんが、まもなくこの問題について何らかの発表を公開し、更新プログラムや解決策などを提供するものと思われます。

(Windows Latest)