【解決策】Windowsで全てのプリンターが「HP LaserJet M101-M106」と認識されてしまう問題の暫定的な修正方法

Windows

【解決策】Windowsで全てのプリンターが「HP LaserJet M101-M106」と認識されてしまう問題の暫定的な修正方法

Windows 10やWindows 11などでは現在、全てのプリンターがHP製の「HP LaserJet」と表示されてしまう問題が発生しています。この記事ではプリンターが「HP LaserJet M101-M106」と認識されてしまうトラブルの問題点をおさらいしつつ、暫定的な解決方法に迫ります。

目次

勝手に「HP Smart」がインストールされる問題

この問題はMicrosoftコミュニティで複数のWindows ユーザから寄せられたもので、HP製の機器を使用していないにも関わらずHP製のプリンタで使用されるユーティリティである「HP Smart」が勝手にインストールされてしまうというもの。

PCにインストールされた「HP Smart」自体は正規のソフトで、Microsoft Storeからインストールする通常のアプリと同様に、アンインストールが可能です。

ただし、この問題はこれに留まりませんでした。

「HP Smart」がインストールされるのは「HP LaserJet」と認識しているから?

お使いのPCに突然「HP Smart」がインストールされてしまった方は注意が必要かもしれません。

WindowsはPCに接続された機器に応じて自動的にMicrosoft Storeを通じて機器の製造元に関連付けられたソフトをインストールします。今回の「HP Smart」のインストールもこの挙動によって引き起こされていることがMicrosoftコミュニティで示唆されました。

「デバイスとプリンター」を開き、PCに接続されたプリンターを確認すると、PCに接続されたプリンターやPCにインストールされた仮想プリンターがメーカーやモデルを問わず、製造元が「HP」となってしまったり、モデルが「HP LaserJet M101-M106」と表示され、アイコンも「HP LaserJet」に置き換わっている場合があります。

プリンターのアイコンがモデルやメーカを問わずHP LaserJet のものになっている

さらに、「デバイスとプリンター」でプリンターをダブルクリックすると「このページにタスクはありません。」と表示されてしまう他、プリンターに付属しているユーティリティソフトが正常に動作しなくなるといったトラブルが発生する場合があります。

「このページにタスクはありません。」と表示されるエラーも

(ゼロックス社製のXerox Print and Scan Experienceなどではユーティリティが利用できないといったトラブルが発生しているようです。)

この問題が発生する可能性がある環境

PCで利用できるプリンターが「HP LaserJet M101-M106」になってしまう問題はクライアントOS、サーバOSの両方で発生することが確認されています。

影響を受けるプラットフォーム:

  • クライアント
    • Windows 11 version 23H2
    • Windows 11 version 22H2
    • Windows 11 version 21H2
    • Windows 10 version 22H2
    • Windows 10 version 21H2
    • Windows 10 version 1809
    • Windows 10 Enterprise LTSC 2019
    • Windows 10 Enterprise LTSC 2016
    • Windows 10, version 1607
    • Windows 10 Enterprise 2015 LTSB
  • サーバー
    • Windows Server 2022
    • Windows Server version 1809
    • Windows Server 2019
    • Windows Server 2016
    • Windows Server 2012 R2
    • Windows Server 2012

使用しているPCでこの問題が発生しているか調べる方法

このトラブルがお使いのPCで発生しているかどうか検証するには以下のステップからご確認いただけます。

※ なお、この問題の解決方法は「プリンタが「HP LaserJet M101-M106」と認識され印刷できない時は」をご覧ください。

Windows 11の場合

まずは、Windowsの設定アプリから「Bluetooth とデバイス」を選択し「デバイス」または「その他のデバイスを表示」をクリックします。

※ このページを閲覧しているPCの場合にはこちらをクリックすることで一部操作をショートカットできます。

▼ 「スタート」から「設定」を選択するか、「スタート」を右クリックして「設定」を選択します。

▼ 左ペインにある「Bluetooth とデバイス」をクリックします。

▼ 「デバイス」をクリックします。

▼ 「その他のデバイスを表示」というボタンがある場合はこのボタンでもOKです。

▼ 右ペインの最下部付近までスクロールします。

▼ 最下部付近にある「その他のデバイスとプリンターの設定」をクリックします。

▼ 「デバイスとプリンター」が開いたら任意のプリンターまたは仮想プリンターをクリックします。

▼ この時、任意のプリンターを選択し、製造元が「HP」、モデルが「HP LaserJet M101-M106」になっていないか確認します。

HP以外のメーカのプリンタで製造元が「HP」、モデルが「HP LaserJet M101-M106」になっている場合には、この問題が生じています。
Microsoftは通常この問題で印刷ができなくなることはないとしながら、一部のユーティリティソフトが動作しなくなる可能性を指摘しています。

この問題の暫定的な解決策は「【暫定的な解決方法】プリンタが「HP LaserJet M101-M106」と認識され印刷できない時は」項をご覧ください。

Windows 10の場合

Windows 10をご利用の場合には、以下の操作で検証が行えます。

まずはコントロール パネルを開きます。

▼ スタートメニューから「Windows システム ツール」を探します。

▼ 「Windows システム ツール」を発見したらクリックして展開します。

▼ 「コントロールパネル」をクリックします。

▼ 「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

▼ 「デバイスとプリンターの表示」をクリックすることで一部の操作を省略できます。

▼ 「デバイスとプリンター」をクリックします。

▼ デバイスとプリンターが開いたら任意のプリンターをクリックします。

▼ この時、HPの製品でないのににも関わらず、選択したプリンターの製造元が「HP」だったり、モデル「HP LaserJet M101-M106」、アイコンが意図しないものに置き換わってしまっている場合にはこの問題が生じている可能性があります。

【暫定的な解決方法】プリンタが「HP LaserJet M101-M106」と認識され印刷できない時は

Microsoftは「ほとんどの場合」すべてのプリンターが「HP LaserJet M101-M106」と表示されてしまうトラブルで印刷ができないという問題は発生しないとしていますが、Microsoftコミュニティ内では、印刷スプーラーに問題が生じ印刷できない例が報告されている他、プリンターの製造元が公開しているユーティリティソフトが利用できなる例も投稿されています。

こうした場合は以下の作業でこの問題を改善できます。
(この解決策はコメント欄から通りすがり 様特命 様よりお寄せいただきました。誠にありがとうございます。)

▼ エクスプローラーを立ち上げます。

▼ エクスプローラーのアドレスバーに以下のパスを貼り付け、「Enter」キーを押します。

%PROGRAMDATA%\Microsoft\Windows\DeviceMetadataCache\dmrccache\tr\d3a162c7-a388-4099-b63d-265639514cc0

▼ フォルダの存在が確認できたら1つ上の階層に戻ります。

「’X:\ProgramData\Microsoft\Windows\DeviceMetadataCache\dmrccache\tr\d3a162c7-a388-4099-b63d-265639514cc0’は見つかりません。綴りを確認して再実行してください。」と表示される場合は

▼ ‘~’は見つかりません。綴りを確認して再実行してください。と表示される場合には入力されたパスに該当するフォルダやファイルが見つからなかったことを示しています。

この場合にはエクスプローラーでの作業を省略し、デバイス マネージャーからプリンターのドライバを削除します。

▼ 「d3a162c7-a388-4099-b63d-265639514cc0」を探します。

▼ 「d3a162c7-a388-4099-b63d-265639514cc0」を見つけたらこのフォルダを削除します。

削除ができたら、プリンターのドライバを再インストールします。

▼ スタートボタンを右クリックするか、Windows キー + X を押します。

▼ コンテキストメニューが表示されたら、「デバイス マネージャー」を選択します。

▼ デバイス マネージャーが立ち上がったらリストの中の「印刷キュー」をダブルクリックし、項目を展開します。

▼ ドライバをアンインストールしたいプリンタの上で右クリックします。

▼ コンテキストメニューが表示されたら「デバイスのアンインストール(U)」をクリックします。

▼ 「デバイスのアンインストール」というウィンドウが表示され、先ほど選択したプリンターの名前が表示されていることを確認し「アンインストール」を選択します。

▼ 操作を行ったプリンターがリストから消えたことを確認し、デバイス マネージャーを閉じます。

ここまでの作業が完了したら、再度プリンターのドライバをインストールします。
プリンターの販売元のページから利用しているプリンターの最新ドライバをダウンロードし、その指示に従ってPCにドライバをインストールします。

▼ 主要なプリンターメーカーのドライバ入手先

Microsoftは「HP LaserJet M101-M106」について調査中

Microsoftこの問題について既に確認しており解決策についてパートナーと調整していると発表しています。執筆時点までにMicrosoftから具体的な解決方法は提示されておらず、同社は「詳細な情報が入手でき次第、更新情報を提供する」としています。

この声明の中でMicrosoftは「この問題は HP のアップデートが原因ではありません。」とし、「ほとんどの場合、プリンターを期待どおりに使用できるはず」としながら、拡張機能の一部またはすべてが動作しなくなる可能性があることについても認めています。

まとめ

Windowsに「HP Smart」が勝手にインストールされてしまう問題は一部の環境で印刷できないというトラブルを引き起こしました。

現在Microsoftはこの問題について対策を模索しており、近日中には対応策が示されると思われますがプリンターの製造元より提供されているユーティリティソフトが動作しない場合や、印刷ができない際には今回紹介した方法を試してみて頂けたらと思います。

なお、この方法は一部システムファイルを操作するため、1ステップずつ確認しながら安全に作業いただけたら幸いです。

今回コメント欄より情報をお寄せいただきました通りすがり 様特命 様、詳しい情報とご配慮を頂きまして誠にありがとうございます。

快適なPCライフを応援しています!

2024.01.11 関連リンクを更新しました。