【画像で解説】Office 2021/2019またはMicrosoft 365を再インストールする方法

Windows

【画像で解説】Office 2021/2019またはMicrosoft 365を再インストールする方法

この記事ではOffice 2021やOffice 2019を再インストールする方法について詳しく紹介します。

特にPCをリカバリ(再セットアップ)やOffice をアンインストールした場合、または2台ライセンスで、新しいPCに新規でインストールしたい場合には、この手順で再度PCにMicrosoft Officeをインストールすることが可能です。

目次

Microsoft Office を再インストールする方法

用意するもの

この作業で必要なものは以下の通りです。

  • インターネット接続
  • Officeのインストール時に使用したMicrosoftアカウント

特に必要なものはありませんが、Microsoft アカウントにプロダクトキーを引き換えている場合には、Officeのインストール時に使用した「Microsoft アカウント」が必要です。

必要なものを確認したところで、次のセクションから実際にOffice を再インストールする方法をみていきます。

MicrosoftアカウントでサインインしOfficeのインストーラをダウンロードする

▼ まずはMicrosoftのアカウント管理ページを開きます。

※ サインインしているMicrosoftアカウントがこの作業のものでない場合には、一度サインアウトして、Officeのインストール時に使用したMicrosoftアカウントでサインインしなおしてください。

なお、サインインしていない場合には以下の手順でサインインします。

▼ 赤枠にMicrosoftアカウント作成時に使用、または作成したメールアドレスや電話番号を入力します。

▼ 入力が完了したら「次へ」をクリックします。

▼ Microsoftアカウントが見つかった場合にはMicrosoftアカウントのパスワードを入力します。

※ この時、「Microsoft アカウントが存在しません。別のアカウントを入力するか、新しいアカウントを作成してください。」と表示された場合には入力されたメールアドレスや電話番号に誤りがあるか、別のもので登録している可能性があります。

▼ パスワードの入力が完了したら「サインイン」をクリックします。

▼ 「サインインの状態を維持しますか?」と表示された場合には「はい」または「いいえ」をクリックします。

※ 暫く連続して操作を行う場合には「はい」をクリックします。

▼ Microsoftアカウントの表示が完了したらページ上部にある「サービスとサブスクリプション」(Services & subscriptions)をクリックします。

▼ 「サービスとサブスクリプション」に移動したら再インストールする製品を見つけ、その横にある「インストール」をクリックします。

※ 「購入済みの製品」に再インストールしたいOfficeが見つからない場合には、別のMicrosoftアカウントに紐づけた(Officeのプロダクトキーを引き換えた)か、インストール時にMicrosoftアカウントを使用しなかった場合が考えられます。
※ 複数のOffice製品が表示されている場合には、MSアカウントに登録した日付やエディションなどから、PCにインストールしたものを選択してください。

▼ ページが見切れている場合には下にスクロールします。

インストール先のPCのインターネット接続が不安定、または接続できない場合

インストール先のPCがインターネットに接続できない場合や接続が安定しない場合ことが想定される場合にはオフライン インストーラーをダウンロードします。

▼ 「バージョンを選択する」の下のプルダウンメニューをクリックし、リストの中から「オフライン インストーラー」を選択します。

※ オフライン インストーラはフルパッケージのため、環境によってはダウンロード完了までに時間が掛かる場合があります。

▼ 言語やバージョンに間違いがなければ「インストール」をクリックします。

▼ ダウンロードが開始します。

オフライン インストーラの場合

オフライン インストーラをダウンロードした場合にはファイルサイズが大きく、ダウンロード完了までに時間が掛かる場合があります。

▼ また、ブラウザによってはダウンロード完了直前に、「デバイスに問題を起こす可能性があります。このまま保持しますか?」と表示されることがあります。この場合、ファイルが正しいものか確認し、「保存」をクリックします。

▼ ダウンロードが完了したら「ファイルを開く」を選択するか、ダウンロード先のフォルダからインストーラを立ち上げます。

Office をインストールする

▼ ダウンロードしたOffice のインストーラを実行します。

▼ ユーザーアカウント制御(UAC)が立ち上がったら確認済みの発行元が「Microsoft Corporation」であることを確認し「はい」を選択します。

▼ スプラッシュスクリーンが表示されます。次の画面に遷移するまで待ちます。

▼ Office のインストールに必要なファイルの取得とインストール作業が開始されます。作業が完了するまでPCの電源を切ったり、インターネットを切断しないようにします。

▼ インストールが完了すると「準備ができました。」と表示されます。「閉じる(C)」をクリックし、インストーラを閉じます。

Microsoft アカウントでサインインし、ライセンス認証を完了させる

ここまでの作業でOffice の再インストールが完了しました。
続いてはOfficeのライセンス認証を行い、Officeを使用できる状態にしていきます。

▼ インストールしたOfficeに含まれる製品(WordやExcel)を立ち上げます。

スタートメニューにWordやExcelがピン留めされていない場合には「スタート」ボタンをクリックし、スタートメニューの右上にある、赤枠で囲った「すべてのアプリ >」をクリックします。

▼ そして、PCにインストールされているソフトの一覧が表示されたら、「Word」や「Excel」を探してクリックします。

▼ ソフトが起動するまで待ちます。

▼ 「Office へようこそ」(単品の場合には「Excel へようこそ」)と表示されたら、この画面に表示されているMicrosoft アカウントが、先ほどから操作しているものであることを確認して、「続行」をクリックします。

▼ サインインの準備が始まります。画面が切り替わるまで暫く待ちます。

▼入力されたメールアドレス (や電話番号)に間違いがないことを確認し、「次へ」をクリックします。

▼ 「パスワード」欄にパスワードを入力します。

▼ パスワードの入力が出来たら「サインイン」をクリックします。

▼「このデバイスではどこでもこのアカウントを使用する」という画面に遷移した場合には、「Microsoft アプリのみ」か「次へ」をクリックします。(既にMicrosoftアカウントが設定済みの場合には表示されません。)

※ このままオフライン アカウントで作業したい場合には「Microsoft アプリのみ」をクリックします。

更新や設定を確認する

▼ 「適用されたプライバシーの設定」と表示されたら「OK」をクリックします。

▼ 「ライセンス契約に同意します。」という画面に変わります。同意できる場合には「同意する」をクリックします。

これでOffice の再インストールが完了しました。
正常にライセンス認証が行われたことを確認するには次の操作を行います。

Microsoft Officeのライセンスを確認する方法

ここまでの操作でOfficeそすぐに利用することが可能ですが、ライセンス認証が完了したかどうか確認してみましょう。

PCにインストールされたOfficeのライセンスとエディションを確認する方法

▼ 任意のOffice 製品のスタート画面から「アカウント」を選択します。

▼ 「製品情報」とある下に、「Microsoft Office Home and Business 2021」や「Microsoft Office 365」、「Microsoft Excel 2019」などと表示されます。
この時、「ライセンス認証された製品」や「サブスクリプション製品」と表示されていたら認証は完了しています。

まとめ

ここまでOffice や Microsoft 365の再インストール方法についてみてきました。
Microsoft アカウントにOffice のライセンスが紐づいている場合(Office のプロダクトキーがMS アカウントに引き換えられている場合)には再度Office のプロダクトキーを入力することなくOffice の再インストールが出来ますので、大変便利です。

ただし、Microsoft アカウントは2年以上サインインしなかった場合には停止されたり、最悪の場合削除されることもありますので、定期的にサインインし、アカウントを保全する必要があります。

ここまでの作業お疲れさまでした!