Microsoft、Bing/CopilotをGPT-4 Turboへのアップグレードを計画

Windows

Microsoft、Bing/CopilotをGPT-4 Turboへのアップグレードを計画

Microsoftは11月、Bing チャットをCopilotへとリブランディングし、さらに最新のGPT-4 Turboモデルへのアップグレードを発表しました。文字数制限の緩和や性能の向上など、多くの嬉しい変更が加わりそうです。

GPT-4 Turboの特徴と利点

GPT-4 Turboは、OpenAIによって開発された最新の言語モデルで、128kのコンテキストウィンドウをサポートしています。これは、ユーザー約300ページに相当するテキストプロンプトを入力できることを意味し、これまでのモデルと比較して入力可能な文字数が大幅に増えます。

現在、Bing ChatやCopilotは1回のチャットごとに5,000文字のという制限が課せられていますが、GPT-4 Turboの導入により、この制限の拡大が検討されています。これはMicrosoftの広告およびウェブサービス部門の責任者であり、新設されたWindowsおよびWeb体験チームのリーダーであるミハイル・パラヒン(Mikhail Parakhin)氏がX (旧 Twitter)からの質問に答えたもので、「Turbo にはより大きなコンテキスト ウィンドウがあるので、制限を増やすことを試みます。」と回答しました。

性能面での進歩

ミハイル・パラヒン氏は、GPT-4 Turbo が通常の GPT-4 モデルよりもどのように優れているのかという、Xユーザからの問いに対しては、「「知覚知能」(話しかけたときにシステムがどの程度賢いと感じるかを示す内部指標) に関してはバニラ GPT-4 よりも優れています」とした上で「数学とコーディングの領域での改善がまだ必要とされています。」とその課題についても明らかにしました。

サードパーティプラグインのサポート

この他、MicrosoftはCopilotにサードパーティのプラグインをサポートする機能に関しても調整を続けています。暫くの間は少数のユーザに対してテストが行われており、今後全ユーザに段階的に提供される予定とミハイル・パラヒン氏はXで明らかにしました。

Windows やBing がますます強力に、そして使いやすくなります。