Windows 10アップデート後のアプリ不具合、Microsoftが認識し解決策を提供

Windows

Windows 10アップデート後のアプリ不具合、Microsoftが認識し解決策を提供

Windows 10で発生していたWindows 10に組み込まれているアプリケーションのクラッシュ問題に対し、Microsoftが認識し原因の究明と修正策の提供をするとWindows Latestが伝えています。この問題は、Photos、Calculator、Mail and Calendar、Feedback Hubなどの組み込みアプリが「File System Error (-2147219196)」というエラーコードと共に起動時にクラッシュするというものです。

問題の原因

この問題は、Microsoftが1月23日にMicrosoft Storeを通じて行った組み込みアプリの自動更新に端を発しています。通常のメンテナンスリリースとして計画されていたこの更新が、意図せずアプリケーションの動作に必要な「vclibs framework」に変更を加え、SSE4.2命令セットを必要とするようになりました。この命令セットは2011年に導入されたもので、2000年代初頭に市場に出たAMD Athlon、Intel Quad、Core 2 Duoなどの古いプロセッサではサポートされていません。

影響を受けるアプリ

  • Photos
  • Calculator
  • Mail & Calendar
  • Film & TV (Movies & TV)
  • Feedback Hub
  • Paint 3D
  • 3D Viewer
  • Game Bar

この問題に直面したユーザーからは、Feedback Hubをはじめとするプラットフォーム上で、更新を戻すことができないことや、事前の警告がなかったことへの不満が寄せられています。

この問題を解決したバージョンは間もなく登場

Microsoftはこの問題を認識し、修正を含みアプリパッケージが数時間以内にWindows Storeを通じて配布されると発表しました。

まとめ

Windows 10ユーザから報告されたこの問題は比較的早期に解決しそうです。

なお、今回の問題の影響はMD Athlon、Intel Quad、Core 2 Duo プロセッサなどを搭載する古いPCのみが影響します。これらのプロセッサは既にWindows 10のサポート外ではあるものの、Windows Latestは「Microsoft には下位互換性を維持する優れた実績があります。」と評しています。

Windows 10は2025年10月までサポートされます。Microsoftはメインストリームサポートが終了したWindows 10に対し「Copilot in Windows」などの新機能を追加するなど利便性の強化に努めています。

まだまだWindows 10の旅は終わりそうにありません。