WindowsでESP(EFI System Partition)を簡単にマウントする方法

Windows

WindowsでESP(EFI System Partition)を簡単にマウントする方法

この記事では、WindowsでESP(=EFI System Partition)をdiskpartやmountvol コマンドを使って簡単にマウント/アンマウントする方法を紹介します。

なお、MacでESPをマウントする方法についてはこちらの記事をご覧ください。

目次

mountvolコマンドを使ってESPをマウントする方法

ESPをマウントする方法はいくつかありますが、ここではmountvolコマンドを使ってESPをマウントする方法から見ていきます。

まずは、「コマンドプロンプト」を管理者として実行します。
検索ボックスに「cmd」と入力し、「管理者として実行」を選択します。

Windows 10の場合でも同様の作業でコマンドプロンプトを管理者で立ち上げます。

UACが立ち上がったら、「はい」をクリックします。

コマンドプロンプトが立ち上がったら、以下のコマンドを入力しEnterキーを押下します。

mountvol B: /s

なお、太字になっている「B:」はESPをマウントする際に設定するドライブレターです。
この文字(アルファベット)は任意のもので構いませんが、必ず未割り当ての文字列を使用してください。

ESPをアンマウントをする際には以下のようなコマンドを入力し、Enterキーを押下します。

mountvol B: /d

こちらの太字になっている「B:」はESPをマウントした際に指定した文字列を入力します。

diskpartを使ってESPをマウントする方法

次に、diskpartを使ってESPをマウントする方法です。

コマンドプロンプトを管理者で起動します。

UACが立ち上がったら、「はい」をクリックします。

そして、以下のコマンドを入力します。

▼ diskpartを立ち上げる

diskpart

▼ ボリュームの一覧を表示する

list volume

▼ ESPと推定されるボリュームを選択する

ESPはFs(File System)列が「FAT32」または「FAT」、Size列が100MB~200MB程度で、Info列にはシステムとあるボリュームのはずです。
太字の「n」の部分には、「Volume」の後に続く数字を入力します。
例: select volume 2

select volume n

▼ ドライブレターを割り当てる

太字の「x」の部分には、ESPをマウントする際に使用するドライブレターを入力します。
この文字(アルファベット)は任意のもので構いませんが、必ず未割り当ての文字列を使用してください。

例: assign letter=B

assign letter=x

アンマウントは以下の通りです。

主な流れはマウントの際の手順と同様です。
list volumeは確認のために実行しましたが、省略しても構いません。

diskpart
list volume
select volume n
remove letter=x
exit
exit

なお、diskpartの各コマンドは省略できるものがあります。

例えば「list volume」は「list vol」、「select volume」は「sel vol」のように、先頭の3文字を入力するだけで同様の操作が行えます。
ただし、「assign letter」については「ass let」と略すことはできません。「ass letter」は大丈夫です。

マウントしたESPを操作する方法

マウント自体はとても簡単に作業できたと思います。
ただし、マウントしたESPはエクスプローラーで開こうにも、アクセス権がないため開きません。

そのため「タスク マネージャー」または、管理者権限で開いたメモ帳を使用してESPの内容を編集する方法を紹介します。

まずは、Ctrl キー + Shift キー + Esc キーを押して、タスクマネージャーを開きます。
もしも簡易表示になっている場合には「詳細(D)」をクリックします。

メニューバーにある「ファイル(F)」から「新しいタスクの実行(N)」をクリックします。

「新しいタスクの作成」が開いたら「参照(B)…」をクリックし、

ESPのボリュームを開きます。
これでESPを操作できます。

なお、フォルダのみしか表示されないことに気が付くかもしれません。
「プログラム」とある、プルダウンメニューをクリックし、「すべてのファイル」を選択することで表示されます。

▼ 正しく表示されました。

もちろんコマンドプロンプトから操作しても構いません。
ただし、この場合も管理者権限で開く必要があります。

この作業をエクスプローラー上で行おうとすると、アクセス権が取得できずESPを編集できません。

▼ マウントしたESPを開こうとすると「このフォルダーにアクセスする許可がありません。」と表示されます。「続行」をクリックしますが…

「このフォルダーへのアクセスするアクセス許可が拒否されています。」と表示されます。

ボリュームのプロパティを表示してみても「セキュリティ」タブはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

WindowsでESPを編集するには少しギミックが必要ですが、マウントそのものはとても簡単に行えます。

普段はあまり操作することはないかもしれませんが、何かの時、参考になれば嬉しいです。

という訳で、引き続き楽しいPCライフを!

では!

2023.01.16 タグ「Windows Tips」を追加しました。
2023.01.16 記事内のリンクを追加しました。
2023.01.16 記事内のリンクを修正しました。
2023.01.16 記事のカテゴリーを「Tips」から「Windows」へ変更しました。
2022.09.01 2件の画像と内容を大幅に追加しました。