2024年にWindows 12は登場しないという認識が広がる

Windows

2024年にWindows 12は登場しないという認識が広がる

2024年の夏に行われるという「Windowsのリフレッシュ」がWindows 12を意味するのではないかいとい噂が度々上がっていましたが、Windows 12ではなく、「Windows 11 version 24H2」であるとWindows Latestが伝えました。

Windows 12ではなくWindows 11 version 24H2

Microsoftは公式に、「Windows 11 version 24H2」(コードネーム:Hudson Valley)が2024年の年次大型アップデートとなることを確認しました。これは昨日お伝えした「Windows for Sudo」を紹介するWindows Insider Blogからも確認ができます。

Windows 11 version 24H2は、Windows 11の「最大のAIアップグレード」と位置付けられており、ビルド番号26xxx番台になります。これは、AI技術を中心とした大幅な機能強化と改善が行われることを示唆しています。

AIの統合:Windows Copilotとは?

Microsoft Bingチームの下、WindowsはAI技術の統合により一層の力を入れています。特に注目されるのが「Windows Copilot」機能です。この機能は、ユーザの作業効率を向上させるためのAIアシスタントとして機能し、より直感的でスマートなWindows体験を提供することを目指しています。

今後も期待したいWindows 12と新たなOS

Windows 12に関しては、そのリリースが完全に否定されたわけではありません。2025年以降に新しいバージョンが登場する可能性はまだ残されており、教育市場をターゲットにしたChromeOS風のWindowsバリアントの開発も進行中であることが噂されています。Microsoftは教育向けのPCに開発にも力を入れており、市場の多様化とニーズに応えるMicrosoftの戦略が背景にあると考えられます。

まとめ

Windows 11 version 24H2のアップデートは、ただの「バージョンアップ」に留まらない更新になる可能性を秘めています。これは、AI技術の統合による作業効率の向上、直感的なユーザ体験の提供、そして将来に向けたMicrosoftのビジョンの一環としての位置付けられています。ユーザにとっては、よりパワフルで賢いOSへの期待が膨らむ一方で、開発者や経営者にとってはAIが暮らしにどのように溶け込み、活用されていくのか、これからのテクノロジーの進化に対応するための準備と理解を深める絶好の機会と言えるでしょう。

米AppleのiPhone向けのOSであるiOSも、次期メジャーバージョンでAI機能を中心としたアップデートを行うという報道もあり、過熱するAI合戦に今後も目が離せません。