Windows 12は2024年6月に登場か?AI PCがPCのあり方を根本的に変える可能性。

Windows

Windows 12は2024年6月に登場か?AI PCがPCのあり方を根本的に変える可能性。

2024年、私たちはPCの世界における新たな時代の幕開けを目の当たりにするかもしれません。Microsoftが次世代オペレーティングシステム、「Windows ’12’」を2024年6月にリリースする可能性が高まっています。この動きは、Windows 11以降のAI技術とPCの融合を加速させることを意味し、これまでのパソコンのあり方をを根本から変える可能性があります。

Windows ’12’とは何か?

Windows ’12’は、Microsoftが開発を進めていると噂されている次世代のオペレーティングシステムです。最新のリーク情報によると、この新しいOSはAIハードウェアに特化した機能を搭載し、新たなユーザ体験を提供することが期待されています。

Microsoftからは具体的な機能や仕様についてはまだ公式な情報はありませんが、2023年10月にはCiti 2023 グローバル テクノロジー カンファレンス内でIntelの最高財務責任者(CFO)であるデイビット・ジンズナー氏は「2024年は特に Windows のリフレッシュ(刷新)により…」とWindows 12の存在が示唆されていました。

また、台湾の経済日刊紙、工商時報(CTEE)はWindows 12は2024年6月にリリースされるとの見方を示したうえで、Quanta Computerのバリー・ラム会長とAcerのCEOであるジェイソン・チェン氏のコメントを引用しながら、テクノロジー業界の関係者は、2024年はAI PC元年であると指摘していることを紹介しました。

まとめ

「Windows 12」は、AI関連の機能を強化するMicrosoftの意向を色濃く反映し、Copilotで強化されたWindows 11を凌駕するOSになる可能性があります。

Windows 12のシステム要件に関してはWindows 11で大幅に変更があったばかりで、AI支援チップなどの搭載が必須になることはないと思われますが、推奨となる可能性は高く、Apple Siliconに搭載されているような「Neural Engine」やIntelの「Neural Compute Engine」などAIプロセッサがWindowsロゴ プログラムの要件に含まれるかもしれません。

今後も新しい情報が入り次第、更新していきます。