Windows 11/10用のオフラインで使える非公式のバックアップソフト「Appcopier」が登場!

Windows

Windows 11/10用のオフラインで使える非公式のバックアップソフト「Appcopier」が登場!

PCを使用する上で欠かせない作業の1つにバックアップがあります。MicrosoftはWindows 11に新しいバックアップアプリを導入し、シームレスなバックアップが行えるようになりました。これに加えて非公式のバックアップソフト「Appcopier」が公開され注目を集めています。

Microsoftの公式バックアップアプリ

今年の5月、MicrosoftはWindows 11のDev Insiderチャンネルで新しいバックアップアプリをテストリリースしました。このアプリは、当初Windows 11向けに開発されましたが、8月にはWindows 10にも拡張されました。本来、サポート終了が間近となったOSに対して新しい機能が追加されることは稀ですが、Copilotと同様に、Windows 11の新機能がWindows 10にも追加されたことになります。

Appcopierの登場

一方、非公式のサードパーティアプリ「Appcopier」も登場しました。このアプリは、ローカルかつオフラインでWindows 11の設定や好みをバックアップし、復元することができます。特に、Microsoftのアプリと比較して、ローカルにバックアップしたファイルを保存しクラウドに依存しない点が特徴です。

Appcopierの特徴

  • 軽量で迅速: Appcopierは非常に軽量で、高速なバックアップを提供
  • シンプルな操作: 登録されたレジストリエントリや関連フォルダ、ファイルのみをエクスポートする
  • 互換性: 開発者はWindows 10での完全な互換性を保証していませんが、利用できる可能性あり

Microsoftのアプリとの比較

Microsoftのアプリはクラウド統合に重点を置いており、Appcopierはローカルストレージに重点を置いています。ユーザによっては、クラウドへの依存を避けたい場合もあるため、Appcopierは魅力的な選択肢となります。

ただし、このソフトを紹介したNetwinはAppcopierは非公式のソフトウェアであるため使用する際は注意が必要と指摘していました。

まとめ

Appcopierの登場により、Windowsユーザはデータバックアップのために新しい選択肢を得ました。Microsoftの公式バックアップアプリも便利ですが、Appcopierは独自の特徴と利点を提供します。積極的な開発を示唆しており、設定の移行やバックアップがより身近になります。