Windows 11 23H2をクリーンインストールするとナレーターが有効にできないとMicrosoftが警告

Windows

Windows 11 23H2をクリーンインストールするとナレーターが有効にできないとMicrosoftが警告

Microsoftが2023年10月31日にリリースしたWindows 11 バージョン 23H2 ( Windows 11 2023 Update)をクリーンインストールした際、ナレーターが有効にできないトラブルが発生していると、同社のドキュメントで明らかにしました。

この問題の詳細

これはNeowinでも報じており、アクセシビリティを向上するスクリーンリーダーであるナレーターがインストールプロセスの実行中に利用できないという不具合が発生しています。

Microsoftの公式ドキュメントによると、この不具合が発生するのは物理メディアまたはディスク イメージ (ISO) を使用して Windows 11 バージョン 23H2 をデバイスにインストールした時で、インストールが完了すると、引き続き期待どおりに動作するはずだとしています。

ナレーターは通常、Ctrl + Windows キー + Enter などのキーボード コマンドを使用して使用ができ、本来インストール プロセスの開始時にも利用ができます。

この問題は、既に Windows 10 または Windows 11 を実行しているデバイスに Windows Update を使用して Windows 11 バージョン 23H2 をインストールする場合には発生しません。

Microsoftの対応と今後

Microsoftは既にこの問題を把握して、解決に取り組んでいるとのこと。
今後のリリースでアップデートを提供する予定と公式ドキュメント内で明らかにしています。

なお、Windows 11の対象外となってしまったPCにWindows 11をインストールする方法は以下のページをご覧ください。