ハイパフォーマンスでコスパ良なマウスコンピュータのmouse K5レビュー(後編)

レビュー

ハイパフォーマンスでコスパ良なマウスコンピュータのmouse K5レビュー(後編)

どうも!かぼしーです。
今回はマウスコンピューターから発売されているmouse K5の使用感やスペックにスポットライト当ててレビューをしていきたい思います。

なお、mouse K5の本体やキーボードの様子などは「i7とMX350搭載のデュアルストレージ構成で13万円台!ハイコスパ、ハイスペックなmouse K5レビュー(前編)」をご覧ください!

mouse K5のスペックと魅力

mouse K5の魅力は何といってもその性能。
Intel 第10世代 Core iシリーズのCore i7-10750Hに加え、GPUにはNVIDIA GeForce MX350を搭載しており、一般的なノートパソコンと比較してもハイパフォーマンスなモデルです。

さらに、マウスコンピュータ公式の通販サイトではmouse K5をカスタマイズすることも可能で、NVMeのSSDに加え、2.5インチHDDを搭載させることが可能です。
画像編集や動画編集をされる方で、PCの本体内にも十分な保存領域が欲しい方には非常にお勧めです。

mouse K5のスペックと詳細

CPUIntel Core i7-10750H (6コア / 12スレッド)
2.60GHz / 最大5.00GHz / 12MBキャッシュ
チップセットIntel HM470
メモリ16GB ~ 64GB
(DDR4-2666)
GPUNVIDIA GeForce MX350 / 2GB
ストレージ1NVMe SSD 512GB ~ 2TB
ストレージ2なし / HDD 1TB ~ 2TB
無線Intel Wi-Fi 6 AX201
IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n
(Bluetooth 5)
画面サイズ15.6インチ (ノングレア)
1,920×1,080 (FHD)
重量約1.95kg
バッテリー駆動時間約 9.5時間

CPUやGPUの変更こそできませんが、メモリについては16GBから64GBまで選択が可能です。

mouse K5の画面

mouse E10の画面は非光沢(ノングレア)の15.6インチです。
写り込みも少なく作業に集中ができますので、お仕事にはぴったりです。

発色については素直な印象を受けました。
画面の解像度はフルHD(1920×1080)です。

2014年ごろまでは1366×768といったPCも多く流通していたので、そういったPCからのお買い換えであれば、若干高精細になったように感じると思います。

次のページではベンチマークを紹介しつつmouse K5のスペックをもう少し詳しく見ていきます。