Acer Aspire E1(V5WE2)のメモリ、ストレージ換装・増設手順

修理・カスタマイズ

Acer Aspire E1(V5WE2)のメモリ、ストレージ換装・増設手順

この記事では2013年12月より日本エイサー株式会社から発売が開始されたAcer Aspire E1シリーズ (E1-532-H 14D/R)のメモリやストレージの換装・増設方法を紹介します。

目次

用意するもの

必要なもの

ストレージの換装の場合

メモリを増設する場合

バッテリーを交換する場合

なお、パソコンに取り付けられているストレージを新しいSSDにクローンする方法はこちらの記事をご覧ください。

Acer Aspire E1のバッテリー交換方法

▼ 作業の前にAcer Aspire E1を正しくシャットダウンします。

▼ PC本体をひっくり返し、水平で安全な場所に置きます。

▼ 下図で示す赤丸で囲った2本のネジを外します。

▼ ネジが外せたら、ペンなどでラッチの穴に引っかけながら左方向に移動させながら、バッテリーを下にゆっくりと引き抜くように移動させます。

▼ バッテリーを取り外すことが出来ました。

Acer Aspire E1を分解する

▼ バッテリーを外すことが出来たら、赤丸で囲った1本のネジを取り外します。
そして、矢印で示した溝にスパッジャー差し込んでバックパネルを取り外します。

▼ これで分解は完了です。

▼ ストレージやメモリが確認できます。

Acer Aspire E1のメモリ増設方法

Acer Aspire E1には2本のSODIMM(DDR3L-1600)を取り付けることができます。
なお、このAcer Aspire E1にはADATA社製MIF4D2C087KZ1 (4GB)が一枚取り付けられていました。

増設例としては下記のようになるかと思います。

▼ メモリを取り外すときは、ロックアームをそれぞれ外側へと動かします。

▼ するとメモリが30度くらい起き上がるので、メモリをゆっくりと引き抜きます。
あとは新しいメモリを取り付けて完了です。

Acer Aspire E1のストレージ換装方法

ストレージを交換していきます

換装例としては以下の製品が挙げられます。

▼ まずは、赤丸で囲った1本のネジを取り外します。

▼ その後、赤枠で囲ったプラスチック製のタブを左方向に引き、ストレージを取り外します。

▼ 今回分解を行ったAcer Aspire E1にはWestern Digital社製のWD5000LPVX-22V0TT0(500GB)が取り付けられていました。

▼ マウンターからストレージを取り外すには側面にあるネジ2本を取り除きます。

▼ そして、新しいストレージを今と逆の手順で取り付けていけば完了です。

作業を完了する

コネクターやケーブルの位置、異物の混入がないことを確認したら、ボトムカバーを取り付けて、先ほどと逆の手順で組み上げていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Acer Aspire E1はバッテリーやストレージ、メモリの交換が非常に簡単に行えます。

キーボードやパームレストこそコストを削減してる感はありますが、デザインはとてもカジュアルで、NECの2017年までに発売されたNSシリーズを彷彿とさせます。

Acer Aspire E1では、Windows 11のシステム要件を満たしていませんが、こちらの記事を参考に作業を行うとWindows 10からWindows 11へアップグレードすることが可能です。

では、引き続き楽しいPCライフを!

2022.08.21 アイキャッチ画像を追加しました。