Apple時期CEOは誰?ティム・クックCEOが明かす後継者プラン

ニュース

Apple時期CEOは誰?ティム・クックCEOが明かす後継者プラン

OpenAIのCEOを巡る問題が記憶に新しいですが、Apple のCEO、ティム・クック氏が自身の後継者に関して重要な発言を行いました。
自身の進退について公の場でコメントすることは初めてではないものの、より具体性を帯びた発言に注目が集まっています。

後継者選定の新たなアプローチ

クック氏はBBCのポッドキャスト「Dua Lipa: At Your Service」で、後継者はアップル社内から選出されることを強調しました。これは、スティーブ・ジョブズの後任選定時の秘密主義的な手法とは対照的な、より透明で計画的なアプローチを示唆しています。この中でクック氏は「複数の後継者プラン」が存在することを明かしました。

またクック氏は、「現在、当社は後継者計画に取り組むことを信条とする会社となっており、非常に詳細な後継者計画を立てている」と説明しました。

後継者選定の重要性

Appleが今後もITやコンテンツを配信するリーダ的な企業であり続けるには、革新的かつ戦略的なリーダーシップが必要です。クック氏の後継者は、アップルの製品開発、市場戦略、さらには環境への取り組みにおいて、重要な役割を果たすことが期待されています。

ジョブズ氏の亡き後、Appleでのキーパーソンの1人でジョブズ氏の右腕でもあったジョナサン・アイブがAppleを退社し、同社の新しい方向性に注目が集まりました。

クック氏はこの難しい中、Apple WatchやAirPodsシリーズなどの成功を収め、ジョブズ氏とは異なるアプローチでAppleを支えています。

しかし、2021年には「10年以内にAppleから退社する」ことを示唆していました。

ティム・クック氏の後継者には、Appleの将来的な繁栄を支える責任が生まれます。
クック氏は、「後継者はアップル内部から選ばれるべき」という考えを持ち、名前は挙げなかったものの複数の候補者の育成に尽力していることを明らかにしました。

WWDC 2023でのティム・クック氏

日本市場への影響

日本はAppleにとって重要な立ち位置にあり、クック氏はAppleのCEOに就任してから数回、国内に足を運んでいます。特に日本市場は他国と比べiPhoneの普及率が高く、日本が世界の主要国の中でiPhoneを最も多く使用している国の一つでもあります。

ジョブズ氏時代と比較して、昨今のAppleの新しい機能の利用開始時期が遅れるように映りますが、クック氏は2017年10月にはJR山手線でのSuicaの利用を体験をアピールしたり、任天堂本社がある京都の伏見稲荷大社やコナミなどの日本文化の理解に努めていました。

クック氏は2019年12月にも日本に訪れており、医療関係者などと会談、Apple WatchのECG(心電図計測)機能の解禁に向けて働きかけを強化していました。

これらはAppleにとって依然として重要な市場であることを意味しており、日本国内に向けたサービス展開がこれからも続くことを示唆する重要な出来事でした。新CEOもこれらの姿勢を引き継ぎ、Appleの新しいサービスが円滑に提供されることを願います。

Appleの次期CEOがどのようなビジョンを持ち、どのような影響を与えるのか、世界中が注目しています。