Microsoft、Windows 365向けの新しい壁紙を追加

Windows

Microsoft、Windows 365向けの新しい壁紙を追加

Windows 365は、クラウド上のWindows環境をiPad、Macなどさまざまなデバイスからアクセスできるサービスです。このサービスは、Windows 11と統合されており、ローカルPCとWindows 365のクラウドサービス間を仮想デスクトップのように簡単に切り替えることができます。
今回、このWindows 365向けの壁紙が更新されたとNeowinが実際の壁紙を挙げながら紹介しています。

Windows 11と新しく公開されたWindows 365の壁紙の比較。ライト版の壁紙はWindows 11の壁紙より明るい雰囲気になった。

Windows 11では壁紙に花から着想を得たWindows 11ユーザならお馴染みの「Bloom (ブルーム)」を採用していますが、今回公開されたWindows 365の壁紙はこのBloomをベースにしつつ再解釈したバージョンになります。

この壁紙はライトとダークの2種類が提供されています。これにより、ユーザは自分の好みや使用しているテーマに合わせて選択することが可能となります。

一方で、Windows 11は依然として日の出や日没に合わせたテーマの自動切り替えをサポートしていません。この機能を利用したいユーザーは、サードパーティ製のアプリケーションを使用する必要があります。例えば、「Auto Dark Mode」はテーマの切り替えと壁紙の変更を自動で行うことができ、「WinDynamicDesktop」はカスタムスケジュールや日の出/日没の時間に基づいて背景を切り替えることができます。

壁紙のダウンロードはNeowinから行えます。