レガシーMetal GPUを搭載したMacでmacOS Venturaをインストールした際のトラブルと回避策

Mac

レガシーMetal GPUを搭載したMacでmacOS Venturaをインストールした際のトラブルと回避策

OpenCore Legacy Patcher を使用することにより、最新のmacOS をサポートされなくなったMacにもmacOS Ventura やmac OS Monterey などの新しいmacOS をインストールできるようになります。

ただし、執筆時点(2022年11月30日)ではOpenCore Legacy PatcherでのmacOS Ventruaのサポートはベータということもあり、古いMetal グラフィックを利用しているMacではいくつかのトラブルが存在します。

この記事では古いMatal GPUで発現するmacOS Ventura のトラブルについて紹介します。

なお、OpenCore Legacy Patcherを使用してmacOS Venturaをインストールする方法については以下の記事をご覧ください。

目次

OpenCore Legacy Patcher でサポートしているGPU

OpenCore Legacy Patcherで現在サポートされているGPUは次の通りです。
※ このリストは執筆時点(2022年11月30日)でのサポート状況です。

  • Intel
    • Ivy Bridge (HD4000)
    • Haswell (HD4400/4600/5xxx)
    • Broadwell (HD6xxx)
    • Skylake (HD5xx)
  • NVIDIA
    • Kepler (GTX 6xx, GTX 7xx)
  • AMD
    • GCN 1-3 (HD 7xxx/8xxx/9xxx, R7/R9)
    • Polaris (RX 4xx/5xx)
      • Only required if CPU lacks AVX2.0 support

(GitHubより)

以前まとめたように、macOS Venturaでのサポートの有無にかかわらず、Metalを利用できる幅広いモデルがOpenCore Legacy Patcherでサポートされています。

レガシーMetal GPUでの既知の問題

問題深刻度※1対象機種回避策
天気アプリで下までスクロールするとクラッシュする中程度Intel Ivy, Haswell iGPU下へスクロールしない、サイドバーを隠さない、フルスクリーンにしない
Font Bookがクラッシュすることがある中程度Intel Ivy, Haswell iGPU
ブック、Font Book、カレンダーでフォントが見つからない中程度Intel Ivy Bridge iGPU
ニュースウィジェットで通知センターがクラッシュする深刻Intel Ivy, Haswell iGPUセーフモードで起動し、ニュースウィジェットを削除する
ネイティブなMetal 3 eGPUがMetal 2と認識する場合がある表面的Haswell iGPUドライバの機能には影響なし
連携カメラがブラックアウトする中程度Intel Ivy, Haswell iGPUs
NVIDIA Kepler GPU (requires Metal 2)
Camoを利用する
Interface Builder UIが時々クラッシュする中程度NVIDIA KeplerとIntel iGPUを搭載
.movをQuickTimeタイムライン上で見ると乱れて表示される (Green Artifacts)表面的Intel Ivy, Haswell iGPUs
ミー文字がフリーズまたはクラッシュする深刻Intel Ivy, Haswell iGPUミー文字をプロフィールアイコンに設定しない
(最後に動作を確認: macOS13.0 Beta 1 (22A5266r))
全画面表示のミュージック(Music.app)のミニプレイヤー深刻Intel Ivy, Haswell iGPU
NVIDIA Kepler GPU (requires Metal 2)
フルスクリーンにしない
画面を部分的に録画する際、不具合が発生する深刻NVIDIA Keplerフルスクリーンで録画し、後からトリミングする
ハードウェアエンコード/デコード(例: Chromeの初期読み込みが遅いなど)深刻AMD GCN 1~3世代
内蔵GPUがAMD Legacy GCNの場合、外部ディスプレイに黒い画面が表示される表面的AMD Polaris別のディスプレイにレンダリングする
MetalのMesh Shaderの機能セットが利用できない深刻すべての非ネイティブGPU
GitHubより、翻訳と加筆
  • 備考:
    • AMD GCN 1-3の問題は、GPUがAMD PolarisでCPUがAVX2.0を欠いている場合にも該当します。また、MacBookPro13,3はフレームバッファの欠落が原因です。
    • Appleがディスク上のバイナリをdyld_shared_cacheにマージしているため、バイナリの抽出はDCSEプロジェクトに依存しています。しかし、dyldの情報が削除されているため、抽出されたバイナリの一部が破損している可能性があります。
      • 天気、Font Book、ニュースウィジェットのクラッシュは、GPUCompiler.framework の libLLVM.dylib の抽出に起因しています。
        • フレームの下部をレンダリングしようとするとRenderBox.frameworkからクラッシュが発生します。
      • AMDRadeonVADriver.bundle と AMDRadeonVADriver2.bundle の抽出により AMD の Encoder/Decoder が壊れる。
        • 現在、ストックのVAを使用し、完全なクラッシュを回避していますが機能していません。

※1: 深刻度 (Severity)に関しては、うまい対訳が思い浮かばなかったため次のように対応しています。

元の表記説明
Non-Functional深刻操作に関わる重要な機能が利用できなくなる
Semi-Functional中程度タイミングに応じて機能不全に陥るか、使用にあたり代替できる個所、または小さな機能が全く利用できなくなる
Cosmetic表面的軽微な問題とまではいえないものの、システムへの悪影響はない
深刻度の訳と説明

まとめ

ここまでレガシーMetal GPUを搭載したMacでmacOS Venturaをインストールした際に起きうる問題とその回避策などを見てきました。

OpenCore Legacy Patcherの開発を行うMykola Grymalyuk氏によると、現在公開中のパッチはベータで開発中であるため、これらの問題に抵抗がある場合にはmacOS Montereyの使用を推奨しています。

また、2011年以前など非Metal GPUを搭載したMacなどのサポートに関しても現在サポートに向け活発に開発がされているようで今後のOpenCore Legacy Patcher関連ニュースにも目が離せません。

最後までお読みいただきありがとうございました!

それでは引き続き楽しいMacライフを!

弊ブログ(あのかぼ)含む、Kabocy Mediasグループ内では、引き続きmacOS VenturaOpenCore Legacy Patcherの最新情報をお届けいたします。

エッセンコアクレブ KLEVV SSD SATA3 6Gb/s 2.5インチ 7mm (2.5inch SATA, 120GB)

エッセンコアクレブ KLEVV SSD SATA3 6Gb/s 2.5インチ 7mm (2.5inch SATA, 120GB)

2,440円(02/20 21:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

2023.01.16 記事内のリンクを修正しました。(3件)
2023.01.16 記事のカテゴリーを「修理・カスタマイズ」から「Mac」へ変更しました。