Microsoft、Windows 11のエクスプローラーが勝手に開く問題を1年の歳月を経て修正

Windows

Microsoft、Windows 11のエクスプローラーが勝手に開く問題を1年の歳月を経て修正

Windows 11のユーザが長らく直面していた問題についに光が見え始めました。Microsoftは2023年12月のアップデートで、Windowsのエクスプローラーが勝手に開くという一年以上続いていたバグを修正しました。このバグは、ユーザの作業を中断し、混乱を引き起こす原因となっていました。

エクスプローラーが勝手に開く問題とは

2022年10月、Windows 11 Moment 2のリリースと共に新しいエクスプローラーのデザインが導入されました。しかし、そのアップデート以来、多くのユーザーがエクスプローラーが予期せずに前面に表示される問題を報告しました。この問題は、文書作成やプレゼンテーション中など、エクスプローラーと無関係の操作の際にも発生していました。

この問題を報じたWindows Latestはこの問題が発生したユーザの声をいくつか紹介しています。
その例として、この問題が「悪夢のようだ」との声が上がり、中にはコンピュータがハッキングされているかのように感じると述べる人もいたほか、特に注目されたのは、ある経営幹部がプレゼンテーション中にこの問題に直面し、重大な障害となった事例です。

Microsoftの対応

2023年12月のアップデート(KB5033375)で、Microsoftはこの問題を「File Explorerのウィンドウが予期せず前面に表示される」として認め、修正しました。しかし、22H2や23H2のサポートドキュメントでは公式には認められていません。

まとめ

このバグの修正は、多くのWindows 11ユーザにとって、ようやく訪れた吉報です。一部のユーザはこの問題のために他のオペレーティングシステムへの移行を検討していたほどで、これがどれほど深刻な問題であったかを物語っています。

着実にWindows 11のユーザが増えている中、今後同様なトラブルが発生しないことを願うばかりです。