【新商品】WD BlueシリーズからCMR方式の2TB 3.5インチHDDが登場 ―ファーストインプレッション

レビュー

【新商品】WD BlueシリーズからCMR方式の2TB 3.5インチHDDが登場 ―ファーストインプレッション

Western Digitalは「WD Blue」シリーズにCMR方式を採用した2TBのHDD、「WD20EARZ」を追加しました。WD Blueシリーズには現在「WD20EZAZ」(5,400RPM)や「WD20EZBX」(7,200RPM)といったモデルが流通していますが、今回発売が開始されたこのモデルではCMR方式を採用していることが最大の特徴です。

公称の転送速度は「WD20EZAZ」と同じく180MB/sとのこと。キャッシュは「WD20EZAZ」、「WD20EZBX」は256MBですが、「WD20EARZ」では64MBに削減されています。

製品の保証期間は2年で、イメージバックアップソフトが付属しています。

「WD20EARZ」を写真でチェック

今回、あのかぼではWD20EARZの発売に合わせて入手ができましたので、写真を交えてその使用感をお伝えできればと思います。

▼ WD20EARZの化粧箱。WDの正規代理店、テックウインド株式会社さんが販売するWD Blueの汎用的な感じです。

▼ WD20EARZのパッケージ裏側。WD Blueシリーズの特徴が記載されています。
また、本機はバックアップソフトであるAcronis社のAcronis True ImageのWD版、Acronis True Image for Western Digital(Acronis True Image WD Edition)を利用することができます。

▼ WD20EARZのパッケージ側面

▼ WD20EARZのパッケージの正面と底面

▼ パッケージの底面にはモデル名とスペックなどが記載されています。

▼ 内容物としても特記すべきことはありません。
HDDはESDバッグに入っており、その上からエアキャップ(気泡緩衝材)でくるんでありました。
その他の同梱物はテックウインド株式会社が発行する「テックウインド株式会社 製品保証書」1枚です。

▼ ESDバッグに入ったHDD

▼ HDD(WD20EARZ)本体を取り出してみました。
ラベルの内容もシンプルです。

▼ HDDの裏面です。
PCBの形状としても「WD20EZBX」と大差ありません。

WD20EARZのベンチマーク

ではここで、CrystalDiskMarkを使用して、WD20EARZの性能を見てみたいと思います。

このWD20EARZはCMR方式を採用しているということもあり、「WD20EZAZ」や「WD20EZBX」とことなり、キャッシュのサイズ自体は64MBになっています。

今回はテストサイズを1GiB、128MiB、64GiBと3パターンでベンチマークを計ってみました。

▼ テストサイズ 1GiB

▼ テストサイズ 256MiB

▼ テストサイズ 64GiB

概ね公称スペック以上の速度を叩き出しており、使用している上でも快適に使用できます。

同価格帯ではSMR方式を採用するHDDが多くなる中、本機のようにCMR方式を採用しているHDDは重宝されそうです。