mouse E10を買ってみた自腹レビュー【後編】

レビュー

mouse E10を買ってみた自腹レビュー【後編】

どうも!かぼしーです。
今回はマウスコンピューターから発売されているmouse E10(MT-E10ZN)の使用感やスペック、スタイラスペンにスポットライトを当ててレビューをしていきます。

Amazonで12800円という格安な2-in-1 PCですのでさほど期待はしていなかったのですが、とても楽しいパソコンでした。

なお、mouse E10の本体やキーボードの様子などは「12800円のmouse E10を自腹レビュー!想像以上の完成度でした。(前編)」をご覧ください!

mouse E10 (MT-E10ZN)のスペックと魅力

mouse E10の魅力は何といっても、その価格。
Officeなし、スタイラスペンなしとはいえ、税込12800円という驚きのお値段。

さらに、MIL規格(MIL STD 810G Method 516.6 Procedure IV)に準拠した落下耐久性能やIP54 準拠した防塵防滴性能もこのmouse E10のウリになっています。

mouse E10の落下耐久性能は「76cmの高さから面、縁、角から計26回落下させても正常に動作する」といった内容で、気兼ねなく使用できるのが嬉しいです。

防塵防滴性能についてはIP54準拠ということで、マウスコンピューターによると「粉塵が若干内部に侵入しても、飛沫によって水がかかっても影響を受けず正常に動作する」とのことです。

なお、落下耐久性能も防塵防滴性能も「本製品の防塵・防滴性能は無破損・無故障を保証するものではありません。」、「製品の落下耐久性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。」とのことです。

mouse E10 (MT-E10ZN)のスペック

OSWindows 10 Pro 64bit
CPUIntel Celeron N4000 (2コア/2スレッド)
1.10 GHz / バースト周波数2.60 GHz
グラフィックスIntel UHD Graphics 600
RAM(メモリ)4GB
(LPDDR4 2400MHz)
ストレージ64GB eMMC
画面10.1-inch 1280×800
10点マルチタッチ(静電容量方式)
MPP準拠ペン対応
無線IEEE 802.11ac/ a/ b/ g/ n + Bluetooth 5
重量本体のみ: 約 980g
キーボードカバー+本体: 約 1.28kg
駆動時間約12.0時間
mouse E10 (MT-E10ZN)のスペック

ストレージが64GBのeMMCといった点が気になりますが、12800円とは思えないスペックです。
特にOSは「Windows 10 Home」や「Windows 10 S」ではなく「Windows 10 Pro」がプリインストールされています。

画面は10点のマルチタッチに対応しており、キーボードカバーを取り外して使えばタブレットとして利用できます。
mouse E10 (MT-E10ZN)にはペンが付属していませんが、別でペンを購入すればペン入力も可能です。
詳しくはこの記事で紹介します。

mouse E10の画面 ―解像度は十分

mouse E10の画面は光沢のあるグレア式です。
映像などを視聴するにはよいですが、画面上の文字に集中する際には映り込みが気になるかもしれません。映り込みが気になる場合には低反射の画面保護フィルムを用意するとよいかもしれません。

画面の解像度はWide-XGA(1280×800)です。

最近だとFull HDのパソコンが多く流通し、1280×800だと解像度が低いように思われるかもしれません。

とはいえ、2012年中期までのMacBook Proは13.3インチで1280×800だったことを考えると10.1インチで1280×800というのは、さほど解像度が悪いとは言えないような気がします。

解像度が高ければ画面を分割しマルチタスクが容易に行えますが、そもそも10.1インチという小型な画面でそのような作業はそもそも向いていないように思いますので、解像度は十分だと思います。

ストレージ

ストレージのベンチマークは後ほど紹介するとしてまずはmouse E10のセットアップ直後のストレージの様子から。

mouse E10は公称では64GBのeMMCですが、容量の計算方法やESP、MSRなどのシステム領域に割り当てられ、Cドライブとして利用できる容量は56.4GB。そこにOSやソフトで利用され、実質利用できるのは28.9GBでした。

mouse E10にはmicroSDカードリーダーがあるので、予めmicroSDカードをmouse E10に挿入しておくといいかもしれません。

次のページではスタイラスペンについて紹介します。