Acer Swift 5 SF514-53Tのバッテリー、ストレージ換装・増設手順

修理・カスタマイズ

この投稿では2019年3月に日本エイサーより発売されたAcer Swift 5 SF514-53Tシリーズのストレージの換装・増設方法やバッテリーの交換方法などを見ていきたいと思います。

目次

用意するもの

Acer Swift 5 SF514-53Tを分解する

パソコンの電源を正しく切り、シャットダウンされたことを確認して、本体(SF514-53T-H58Y/B)をひっくり返します。

バッテリーをリセットするために、中央からやや左側にある小さな穴にクリップなどを差し込み、4秒間押し続けます。

その後背面にある11個のプラスねじを取り外し、上部(ちょうどヒンジのあたり)からヘラを差し込んで、ボトムカバーを取り外します。なお、11本目のねじはAcerのロゴ付きのVoidシールの下にあります。

Acer Swift 5 SF514-53TのSSD換装と増設

初期構成では512GBのNVMe 3.0×2接続のM.2(2280)SSD、「Western Digital PC SN520」が搭載されていました。
取り外す際には、SSD下部にあるねじを外し、ゆっくりと手前方向に引き出します。
なお、Acer Swift 5 SF514-53Tには、もう一つM.2 2280フォームファクタのスロットがあり、NVMe M.2 SSDを増設できます。

換装、増設例としては下記のようになるかと思います。

Acer Swift 5 SF514-53Tのバッテリー交換方法

Acer Swift 5 SF514-53Tのバッテリーは2本のねじ、ケーブルは複数のテープで固定されています。
下図で示した(見づらいですが)、赤枠で囲ったテープを剥がし、緑色の枠で囲ったコネクターを取り外します。
その後、バッテリーの左右に1本ずつある、青色枠で囲ったねじを取り、バッテリーをゆっくりと取り外します。

なお、用意したバッテリーはこちらです。

バッテリーが取り外された様子…。

先ほどと逆の手順でバッテリーを取り付けていきます。コネクターに接続する際はコネクターを破壊しないよう丁寧に作業します。

Acer Swift 5 SF514-53Tのメモリの増設について

なお、メモリはマザーボードに組み込まれているために交換・増設はできません。

Acer Swift 5 SF514-53TのWi-Fiモジュールの交換

Wi-FiモジュールにはWireless-AC 9560が使用されていました。

作業を完了する

コネクターやケーブルの位置、異物の混入がないことを確認したら、ボトムカバーを取り付けて、先ほどと逆の手順で組み上げていきます。お疲れ様でした。

まとめ

Acer Swift 5 SF514-53Tでは、メモリの交換や増設こそできないものの、SSDの換装だけでなく増設ができる設計となっており、分解も簡単で比較的メンテナンスしやすい機種だと思いました。

作業の際は静電気に気を付けていただいて、安全に作業していただけたらと思います。

それでは、引き続き楽しいPCライフを!

では!