iMac 2011をMetal対応GPUにアップグレードして最新macOSをインストールする(VBIOS書き込み編)

修理・カスタマイズ

目次

なお、今回の作業は4つの記事に分けられておりますので、併せてご覧ください。

今回の目的

前回までの作業でヒートシンクとGPUは、くっつけることが出来るはずです。
が、まだ、くっ付けるのはお待ちいただいて、今回はROM焼きを行います。

ちなみに、このままiMacに取り付けると、(恐らく)画面に何も表示されません。
ロジックボード側のデバッグLEDは下記の様に点灯します。

このデバッグLEDを見ると障害の内容を簡単に調べることが出来ます。

iMac 2011 Debug LED (iMacの診断用LED)

ここで簡単にデバッグLEDの意味をご紹介いたします。
LED 1
 ロジックボードが電源からの電力供給を認識したことを表しています。
 なお、電源が切られているときでも電源ケーブルがコンセントに接続されてる場合には点灯します。

LED 2
 Macの電源が入り、ロジックボードの電圧レギュレータが正常に作動している場合に点灯します。

LED 3
 ロジックボードがGPUを正しく認識できてる場合に点灯します。
 正常に作動している場合にはMacの電源が入っているときに点灯します。

LED 4
 ロジックボードがLCDを正しく認識できている場合に点灯します。
 正常に作動している場合にはMacの電源が入っているときに点灯します。

上記画像の状態では、iMacがグラフィックボードを認識できていないことが分かります。

さて、これを解決するには、VBIOSの書き換えが必要になります。
CH341Aとテストクリップを利用して、VBIOSを書き換えます。

BIOS Modsをダウンロードする

また、今回書き込むVBIOSもダウンロードしておきましょう。
まずはこちらにアクセスします。

少しスクロールすると、各グラフィックボードに対応したBIOS Modのダウンロードリンクがまとめられています。
購入したグラボのBIOSをダウンロードしましょう。

VBIOSをGTX 765Mに書き込む

ダウンロードが完了したら、GPUにあるBIOSチップを見つけて、テストクリップでパソコンと接続します。

今回の作業には「CH341A Programmer」を利用しました。
なお、今回のBIOSチップはWINBOARDのコンパチ品でした。
「CH341A Programmer」が自動的に認識してくれれば良いのですが、認識してくれない場合には、「Chip Search」から検索しましょう。

ここで、せっかくなので元のVBIOSをバックアップしてみましょう。(必須ではないです。)
「Read」ボタンから吸い出します。

読み出しが完了したら、「Save」ボタンを押します。

任意の場所に、任意の名前を付けて保存します。
2回くらい繰り返して、両者を比較し、双方が同じ結果であれば正常に吸い出しができたと思います。

さて、ここからが肝心要の作業になります。
「Open」ボタンをクリックして、

先ほどダウンロードしたVBIOS Modを選択します。

選択が出来たら「Auto」ボタンをクリックし、しばらく待ちます。

以上でGPUの準備は終了です。

ヒートシンクにGPUを取り付ける

ここまで完了したら、加工したXクランプとヒートシンクとグラボを一つにします。
ネジは対角線上ずつ付けるようにしたいですね。

付きましたね。(付きましたか?)

いい感じです。

さて、次回は、このグラボを実際に取り付けていこうと思います。

お疲れさまでした!

NEXT > iMac 2011をMetal対応GPUにアップグレードして最新macOSをインストールする(取り付け編)