「あのかぼ」のスピンオフサイト「ゼロかぼ」ができました。 詳しくはこちら>

Build 2023から読み解くMicrosoftのビジョン:AIとユーザーエクスペリエンスの融合

ニュース

Build 2023から読み解くMicrosoftのビジョン:AIとユーザーエクスペリエンスの融合

米Microsoftは2023年5月23日(現地時間)から、同社としては最大級の技術者会議「Microsoft Build 2023」を開催しました。

今回のMicrosoft Build 2023の多くはAI(人工知能)関連が占め、WindowsをはじめとするMicrosoftの製品のあり方などが色濃く見えてきました。

この記事では、一般ユーザに関連が強い部分をピックアップしその模様をまとめます。

目次

Microsoft Build 2023でのハイライトと新たな展望

少し前まで未来だったはずの機能や刺激的なビジョンが、先日行われたMicrosoft Build 2023でぐっと近くなりました。開発者や一般ユーザーにとって、この年一度のカンファレンスは、私たちのデジタルライフがどう変わるのか、何が可能になるのかを伺うことのできるよい機会です。

今年のBuildでは、AI(人工知能)の進化、データセキュリティの強化、そしてWindowsの機能アップグレードが主な焦点となりました。AIが私たちの日常生活にどのように統合されているかを示す具体的な例として、Microsoft DesignerとBing Image Creatorの新機能が紹介されました。これによりユーザーは、AIが生成した画像やビデオの出所を確認できるようになります。

さらに、企業や組織が直面する脅威に対抗するための新しいデータセキュリティツールも注目されました。これらのツールは、重要なデータを保護しながら、企業のデジタルエステートを管理する手段を提供します。

そして何よりも、Microsoftのフラグシップ製品であるWindowsの機能強化が話題となりました。新しいAI機能の導入や、新しいEdgeなど、ユーザの日常的なコンピューティング体験を向上させる新機能が盛り込まれています。

これらはBuild 2023で紹介された多くのトピックの一部に過ぎません。本記事では、これらの話題を詳しく掘り下げ、新たに発表された機能やツールが、私たちのデジタル生活にどのような影響を及ぼすかを見ていきます。

Windowsの進化:ユーザーエクスペリエンスの強化

Windows 11の新機能:Windows Copilot

「Build 2023で発表された革新的な機能や技術」の中でも特に注目を集めたのは、Windows 11の新機能「Windows Copilot」です。Windows 10などで提供されていたCortana (コルタナ)の後継に当たるような支援機能で、デスクトップの生産性を引き上げるためのAIアシスタント機能です。

Windows Copilotは、人々がより効率的に作業を進めることを可能にします。Windows 11のタスクバーの中心に配置され、どのアプリケーションでも手軽にアクセス可能な形で常駐します。これにより、ユーザは自分がパワーユーザとして働くことを強力に支援されます。

このAIアシスタントは、ユーザがアイデアを形にし、複雑なプロジェクトを達成するための支援を提供します。その範囲は広く、コンテンツの改稿、要約、説明などの作業要求を受け付けるだけでなく、異なるアプリケーション間での作業の遂行もサポートします。

さらに、Windows CopilotはBing Chatと同様に、ユーザからの質問に答えることも可能です。特定の地域の現地時間の確認、旅行のフライトや宿泊施設の調査といったタスクもこれ1つで手に入ります。

Microsoftが提示する次世代の生産性向上ツールであるWindows Copilotは、2023年6月からWindows 11のプレビュー版で利用可能となる予定です。この発表により、MicrosoftのAI技術がどのように私たちの日常の仕事に影響を与えるか、その一端を垣間見ることができます。

関連

Windows 11にAIアシスタント「Windows Copilot」が登場 全ての利用者がパワーユーザに。

AI プラグイン

MicrosoftがOpenAIがChatGPTで初めて導入したオープンプラグイン標準を採用し、相互運用性を可能になります。これにより、開発者は一つのプラットフォームでプラグインを構築し、ChatGPT、Bing、そしてプレビュー中のDynamics 365 CopilotやMicrosoft 365 Copilotといった消費者とビジネスの両方向けのサービスに対応したアプリケーションを提供できるようになります。

この動きは、MicrosoftがAIとユーザー体験の更なる融合を目指していることを示しているように思います。開発者はこの新たなプラグイン標準を利用して、ユーザーが自然な言語でアプリと対話できるエクスペリエンスを構築できます。その結果、アプリはより人間らしく、より使いやすいものになります。

加えて、Bingがプラグインへのサポートを拡大することも発表されました。
OpenTableやWolfram Alphaに加えて、Expedia、Instacart、Kayak、Klarna、Redfin、Zillowといった企業がBingのエコシステムに加わることになります。これは、ユーザーがより豊かで便利な情報を取得できるようにするため、とのことです。

BingとChatGPTの連携強化

さらに、BingがChatGPTのデフォルトの検索エクスペリエンスとして導入されることが発表されました。ChatGPTはこれにより、より最新の情報を提供し、Webからのアクセスを可能にすることで、ユーザーにとっての価値を大幅に上げることとなります。検索結果は引用を含み、ユーザーがより多くの情報を学ぶことが可能になります。

この新しい経験は、ChatGPT Plusの加入者に向けてすでに提供が開始されており、無料ユーザーには近いうちにプラグインを有効化することで利用可能となる予定です。

デベロッパーのための新機能:Dev HomeとDev Drive

Microsoftは開発者の生産性とパフォーマンスを向上させる新機能を多数導入しました。これらにはDev Home、Windows Package Managerの新機能、新型のストレージボリュームであるDev Drive、そしてGitHub Copilot Xを統合したWindows Terminalが含まれます。

AIを組み込んだ新しい「Edge」

Build 2023の中で、Webブラウザ領域での変革を引き起こそうとしているのが、Microsoftの「Edge」です。これは、Microsoftが開発者向けカンファレンスで発表した新機能で、以前よりも大幅に進化し、これまでにないワーク体験を提供します。

「Microsoft 365 Copilot」はEdgeにネイティブで統合され、ユーザがクエリを投げると迅速に反応し、タスクを完了します。これは大規模言語モデル(LLM)とMicrosoft 365アプリ内のデータを活用して、ユーザーが自然言語でリクエストを入力すると、たとえば「今日の製品戦略の更新内容をチームに伝えて」とリクエストすると、Microsoft 365 Copilotはその日のミーティング、メール、チャットの内容に基づいたステータスアップデートを生成します。

さらに、Edgeは「Microsoft Edge for Business」という専用のビジネス体験を提供し、自社の名前やその他の識別マークが表示される新しいビジュアル要素を追加しています。これにより、エンタープライズコントロール、セキュリティ、生産性向上機能が提供されます。

また、「Microsoft Edge Workspaces」を通じて、ユーザーは一緒にブラウザの同一セットのタブを共有、整理、閲覧することが可能になります。この機能はエンタープライズ向けに数か月以内に一般公開され、その後一般ユーザ向けのアクセスも追加される予定です。

このような革新的な機能を持つ新しいMicrosoft Edgeは、ユーザーの働き方を一新し、生産性を高めることで、次世代のブラウジング体験を提供することでしょう。

関連

【Build 2023】Microsoft Edgeがビジネス向けに進化:AIパワーと個人のプライバシーを重視

AIと作り出す未来

Bing Image CreatorとMicrosoft Designerの新機能

Microsoft Build 2023の中でAIの利用についての枠組みやプロヴェナンス(出所)の認証方法についての発表もありました。
この機能は、Microsoft DesignerとBing Image Creatorに導入される予定で、消費者が画像やビデオがAIによって生成されたものかどうかを確認することができるようになります。この技術は、暗号化手法を用いてAIによって生成されたコンテンツにメタデータをマークし、署名することで、その起源についての情報を提供します。

C2PA規格に基づく内容の署名と確認

Microsoftの新しいメディア証明技術は、C2PA規格に従って生成内容に署名し、それを確認します。Microsoftは初めて、Microsoft DesignerとBing Image Creatorのための主要な画像とビデオフォーマットをサポートし、これは今後数か月で実装されるとしています。

Microsoft Store on WindowsのAI Hub

AI Hub、一つの場所に最高のAI経験を集めた専用セクションで、Microsoftと開発者コミュニティが作成したAI体験を簡単に発見、学習、体験できるようにします。さらに、AIによって生成されたレビューの要約とキーワードの提案により、ユーザーのコンテンツ探索が効率的になり、開発者はより正確なSEOを実現できます。

また、Microsoftは開発者に対する支援を強化し、OliveツールチェインとONNX RuntimeによるHybrid Loop開発を導入します。これにより、Windowsとその他のプラットフォームでのAI体験の開発が容易になり、パフォーマンスも向上します。

Microsoftはまた、Armプラットフォーム上での開発をより強力にサポートすることを発表しました。これにより、サードパーティのWindowsアプリ、ミドルウェアパートナー、オープンソースソフトウェアがArmにネイティブで利用可能になります。

Microsoft Build 2023のビジョン:テクノロジーが作り出す未来

本イベント、Microsoft Build 2023を通じて、我々は一体どのような未来に目を向けるべきなのでしょうか。一言で言えば、それはAIとデータセキュリティが一段と深化し、ユーザーエクスペリエンスが大幅に向上する未来です。

AIの進歩は、デジタルエクスペリエンスを革新し、ユーザーエクスペリエンスを豊かにする新たな道を開くことでしょう。Microsoft Store on WindowsのAI Hubはその最良の例で、AIの日常的な利益を発見、学習、体験するためのシンプルな方法を提供します。これは、AIがより具体的な形で私たちの日々の生活に影響を与えるようになる大きな一歩を示しています。

データセキュリティの領域では、MicrosoftはAzure PurviewとMicrosoft Information Protectionの強化を通じて、データの管理と保護に新たな次元を追加します。データロス防止ソリューションは、企業がビジネスの成長とともに増大するデータ管理の課題に対処するための重要なツールとなります。

そして最後に、Windows 11の新機能は、AIがさらに多くの業務を助けることで、デベロッパーやエンドユーザーの生産性を向上させる新たな可能性を提示します。これらの機能は、新たなデバイスへの移行を簡単にし、新たな顧客を獲得するための精度の高いSEOを提供します。

Microsoft Build 2023は、この3つの要素 – AI、データセキュリティ、およびユーザーエクスペリエンス – が統合され、互いに連携することで、より高度でパーソナライズされたデジタル体験を生み出す未来を描いています。このビジョンは、テクノロジーが私たちの生活と仕事をどのように変革し、向上させるかについての新たな洞察を提供します。これらの発表に基づき、Microsoftは間違いなくこのテクノロジーの進歩を引き続きリードしていくことでしょう。

この他、Windows 11にRARなど多数の圧縮形式がサポートされるなどの情報もあり、Windows 11の進化に注目が集まります。

ダウンロード販売用 Windows 11 Home|オンラインコード版

ダウンロード販売用 Windows 11 Home|オンラインコード版

17,600円(07/18 13:26時点)
Amazonの情報を掲載しています