Apple、AndroidでiMessageが使える「Beeper Mini」を封じる – 青い吹き出しの行方

ニュース

Apple、AndroidでiMessageが使える「Beeper Mini」を封じる – 青い吹き出しの行方

米Appleが、AndroidでiMessageを利用可能にするアプリ「Beeper Mini」の機能を停止させたことが明らかになりました。この動きは、モバイル通信におけるオープン性とプラットフォーム独自性の間の緊張関係を浮き彫りにし、テック業界に新たな波紋を広げています。

Beeper Miniは、AppleのiMessageサーバを利用し、AndroidユーザがiPhoneユーザに「青い吹き出し」(ブルーバブル)のiMessageを送信できるようにするものでした。しかし、AppleはBeeper Miniが利用していた技術的な抜け穴を塞ぎ、アプリの主要機能を無効化しました。

Beeper Miniの特徴とその終焉

Beeper Miniの特徴は、iMessageの完全な機能をサポートする点にありました。これには、既読機能、入力インジケーター、リアクションなどが含まれています。特筆すべきは、Apple IDを必要とせず、セキュリティ面で他の類似アプリより優れていたことです。

このアプリは、セキュリティ研究者jjtechによるiMessageプロトコルのリバース エンジニアリングを基に構築されており、GitHubで公開された実証例をもとに開発されました。しかし、Beeper Miniの機能停止により、ユーザは「サーバー検索失敗」のエラーメッセージが表示されるようになったとのこと。

Appleの対応とその意味

AppleがどのようにしてBeeper Miniの機能を停止させたのか、具体的な技術的詳細はまだ公開されていません。しかし、この動きはAppleが自社のサービスを保護し、プラットフォームの独占性を維持するために積極的な措置をとることを示唆しています。

Beeper Miniの将来

BeeperのCEO、エリック・ミギコフスキー氏は、今後のアプリの方向性について「選択肢を評価している」と述べています。これは、Beeper Miniが他の方法でサービスを提供する可能性を示唆しているかもしれません。

まとめ

AppleはGoogleサムスン電子、EUなどの圧力から2024年にRCSのサポートを開始すると発表しました。Beeper Miniの無効化がRCSのサポートによる一連の見直しの一環であったかは不明なものの、少なくとも一因であることは間違いないでしょう。