「あのかぼ」のスピンオフサイト「ゼロかぼ」ができました。 詳しくはこちら>

Ubuntu Desktop 22.10のインストールガイド

Linux

Ubuntu Desktop 22.10のインストールガイド

今回は先日リリースされたUbuntu 22.10のインストール方法を紹介します。

なお、作業手順そのものは、以前紹介しましたUbuntu Desktop 22.04 LTSのインストールガイドと大きな変更点はありません。

目次

用意するもの

  • Ubuntuのブータブルメディア

用意するのはUbuntuのインストールメディアとインストール先のパソコンです。

UbuntuのイメージファイルをDVDに焼いて作成する方法の他、光学ドライブが搭載されていないPCでは8GB以上のUSBメモリをUbuntuのインストールメディアにしても良いと思います。

USBメモリをUbuntuのインストールメディアにする方法についてはこちらの記事をご覧ください。

Ubuntuをダウンロードする

Ubuntuをダウンロードしていきます。
こちらのページ (https://jp.ubuntu.com/)にアクセスし、「ダウンロード」をクリックします。

▼ ダウンロードページにアクセスしたら、ページを少し進んでいきます。

このページでは、「Ubuntu Desktop (ウブントゥ デスクトップ)」と「Ubuntu Server (ウブントゥ サーバー)」がダウンロードできます。

目的に応じてどちらかをダウンロードします。

エディションGUI主な利用層
Ubuntu Desktopあり一般ユーザー向け
(WindowsやMacからの乗り換えの方にオススメ)
Ubuntu Serverなしサーバ用途向け
(CUI操作が前提のサーバ向け)

※ この記事ではUbuntu Desktopをダウンロードします。

▼ 今回はUbuntu Desktopをダウンロードしますので、「Ubuntu Desktop」まで進み、赤枠で囲った「ダウンロード」をクリックします。

▼ Ubuntuのイメージファイルのダウンロードが始まります。
Ubuntu 22.10 Desktopではファイルサイズが3.79GBと比較的大きいため、環境によってはダウンロード完了までに時間がかかるかもしれません。

あとは、UbuntuのISOをDVDやUSBメモリに書き込み、Ubuntuのインストールメディアを作成します。

macOS 作業されている方、RufusではなくEtcherを使ってUbuntuのブータブルメディアを作成したい方は以下の記事をご覧ください。

Ubuntuのブータブルメディアから起動する

では作成したUbuntuのインストールメディアをPCに取り付け、ブータブルメディアから起動していきます。

PCの電源を消したら、BIOSで起動順序を変更するかBoot Menuを開いてUSBメモリまたはDVDから起動します。

メーカーBIOS/UEFI セットアップBoot Menu備考
東芝/dynabookF2F12
富士通F2F12一部モデルでは「FUJITSU」ロゴが表示された状態で、Enterキーまたはマウスをクリックすると起動メニューが表示される
NECF2F12
VAIOF2 / DeleteF11モデルによって異なる
PanasonicF2Let’s noteはBIOSで起動順序を操作する
SHARPF2
mouseDelete / EscF2 / F7 / F11 / F12BIOSのベンダやPCのモデルにより異なる
AusuF2Esc / F8一部モデルではNovo ボタン・ホールで簡単に起動メニューを表示できる
LenovoF1 / EnterF12
HPF10F9HPのUEFI(BIOS)はよくできている
DELLF2F12
Microsoft音量↑ / F4音量↓ / F3音量ボタンがある場合には音量ボタンで操作する。音量ボタンがないモデルはF4とF3で。
AppleOption(alt)
主要メーカのBIOSセットアップ、ブートメニューの起動方法

以上が主要メーカーのBIOS(UEFI)セットアップ、Boot Menuへの入り方です。
ただし、同じメーカーやシリーズでもPCのモデルによってキーが異なる場合があります。

▼ Boot MenuでUSBメモリ(またはDVDドライブ)を指定して起動します。

Boot Menu (USBメモリを選択している様子)

▼ Boot Menuが表示できないPCではBIOSで起動順序を変更しましょう。
BIOSで起動順位を変更した場合には、インストールが完了したら忘れずに起動順序を元に戻しましょう。

BIOS Setup Utility

▼ Macをお使いの方は起動時に alt(option)キーを押し続けながら、Macを起動させます。
Apple Startup Utilityが立ち上がったら、「EFI Boot」と書いてあるアイコンを選択します。

Apple Startup Manager
Apple Startup ManagerでEFI Bootを選択する

▼ 無事にUbuntuのブータブルメディアから起動するとGRUBというブートローダが立ち上がります。
ここで「Try or Install Ubuntu」を選択してEnterキーを押下します。

▼ すると、Ubuntuの起動画面が現れます。

Ubuntuをインストールする

ではいよいよUbuntuのインストールを行っていきます。

▼ Ubuntuが起動し操作できるようになったら、言語が並んでいるリストを下に移動させ、「日本語」を探します。

▼ 「日本語」を選択したら、「Ubuntu をインストール」というボタンをクリックします。

▼ ここでお使いのキーボードの選択を行います。
基本的には左のリストで「Japanese」が選択されており、右側のリストも「Japanese」になっていればOKです。
確認が出来たら「続ける」をクリックします。

余談ですが、Ubuntu 22.10ではUbuntu 22.04 LTSまであった「Japanese (PC-98)」が見当たりません。

▼ ここではインストールの方法とアップデート、他のソフトウェアのインストールについて選択ができます。
「通常のインストール」が選択されていることを確認したら、「続ける」をクリックします。

※ 備考が下にありますので、宜しければ先にご確認ください。

▼ 必須ではありませんが、「グラフィックスとWi-Fiハードウェアと追加のメディアフォーマとのサードパーティ製ソフトウェアをインストールする」にチェックをしておくことをお勧めします。
NVIDIA GPUを搭載している場合には予めNVIDIAのプロプライエタリなドライバなどをインストールしたりいくつかのコーデックをインストールしてくれます。

▼ 続いてはインストールの種類を選択する画面です。
今回はディスク全体を削除し、Ubuntuをインストールするので、「ディスクを削除してUbuntuをインストール」を選択します。

「ディスクを削除してUbuntuをインストール」を選択しインストールすると、対象のストレージのデータはすべて削除されます。

▼ インストール可能なストレージがPCにいくつか取り付けられていると、下図のようにインストールするストレージを問う画面に遷移します。

もしもインストールするストレージが、異なる場合には黄緑色の枠線で囲ったプルダウンメニューをクリックし、正しいストレージを選択します。
その後、ストレージを確認したうえで、「インストール(I)」というボタンをクリックします。

▼ ディスクに変更を加えることについて、確認されますので、問題がなければ「続ける」をクリックします。

▼ 使用場所を問われています。
ここでは「Tokyo」とします。指定が出来たら「続ける」をクリックします。

▼ ユーザの設定です。
ユーザ名やパスワードなどを入力し「続ける」をクリックします。

▼ インストールが始まりました。
完了するまで暫く待ちます。

インストールが完了すると、再起動を求められます。
「今すぐ再起動する」をクリックして、PCを再起動させます。

▼ 「Please remove the installation medium, then press ENTER:」と表示されたら、インストールメディアをPCから取り外して、Enterキーを押下します。

▼ 再起動が完了すると、先ほど作成したユーザ名が出てきますので、クリックします。

▼ 先ほど作成したユーザのパスワードを入力してログインしましょう。

▼ お疲れさまでした。これでUbuntuのインストールは完了です。

シャットダウン、再起動を行う

Ubuntu 22.10ではシステムトレイのデザインが変更されました。
ここではPCの電源オフ(シャットダウン)や再起動、サスペンド(スリーブ)の方法について紹介します。

▼ 画面右上の電源マークをクリックし、赤枠で囲った電源マークをクリックします。

▼ すると新しいメニューが開き、「サスペンド」、「再起動…」、「電源オフ…」が並んでいます。
ここでは試しに「再起動…」をクリックしてみます。

▼ 再起動について確認されますので、「再起動」をクリックします。
この画面はUbuntu 22.04と変わりません。

以上、Ubuntuのシャットダウン、再起動、スリーブの操作方法でした。

Ubuntuのインストール時に「通常のインストール」を選択した方は、特別な操作を行わなくとも「Firefox」はもちろん、「LibreOffice」や「ToDo」などを直ぐに使いだすことができます。

まとめ

お疲れ様でした!
いかがでしたでしょうか?

ここまでUbuntu 22.10のインストールについて紹介してきました。

Ubuntu 22.10ではパフォーマンスに関するアップデートやシステムトレイ含む操作性の改善、変更など、Ubuntuがさらに使いやすくなるような変更を加えています。
ぜひ、Ubuntu 22.10をインストールして進化したUbuntuを体験していただければと思います。

引き続き楽しいPCライフを!

では!

UNIXシェルスクリプト マスターピース132

UNIXシェルスクリプト マスターピース132

大角 祐介
2,475円(07/18 21:13時点)
発売日: 2014/06/24
Amazonの情報を掲載しています

2023.01.16 記事内のリンクを修正、追加しました。
2023.01.16 記事のカテゴリーを「修理・カスタマイズ」から「Linux」へ変更しました。
2022.11.06 MacでUbuntuのブータブルメディアを作成する方法を追記しました。